新規開業者向けの看板デザインのヒント

2024.05.30|ブログ

開業にあたって、店舗や事業所に看板を設ける人がほとんどでしょう。ビジネスの顔ともいえる看板。効果的なデザインは集客やブランドイメージの向上に大きく影響します。この記事では、新規開業者に向けた看板デザインのポイントをいくつかご紹介します。

 

◇ブランドイメージを反映した看板デザイン

ブランドイメージを反映させた看板デザインは、あなたのビジネスのシンボルとなり、個性を際立たせます。以下に、ブランドイメージの重要性や反映させるためのポイントを詳しく説明します。

 

ブランドイメージとは

ブランドイメージは、企業やその商品に対して顧客が抱く印象や感情を指します。これはロゴ、カラー、フォント、スローガン、広告などを通じて形成されます。ブランドイメージは、顧客に信頼感や親近感を与え、競合他社との差別化を図るために重要です。

 

ブランドイメージの重要性

顧客の認知度

ブランドイメージは顧客に企業や商品を認識させる役割を果たします。看板はその一環として、ブランドの存在をアピールする手段です。良いブランドイメージは信頼感を醸成し、顧客に商品やサービスを利用してもらいやすくします。

一貫性の維持

看板を通じてブランドの一貫性を保ちましょう。ロゴやカラーパレット(色の組み合わせ)、メッセージが統一されていることが重要です。

 

看板にブランドイメージを反映する方法

ロゴの活用

ブランドのロゴを看板に組み込むことで、視覚的な一貫性を持たせましょう。ロゴの色や形状を工夫して、ブランドの特徴を強調します。

カラーパレットとフォント

ブランドのイメージに合わせたカラーパレットを看板のデザインに取り入れましょう。一貫性のあるトーンや色使いが重要です。フォントも同様に個性を表現する要素です。いつも同一のフォントを使用するか、似たスタイルのフォントを選びましょう。

メッセージの明確化

看板に伝えたいメッセージを簡潔に表現しましょう。企業理念を反映したキャッチフレーズや特定の商品のPRを記載することで、効果的な宣伝が可能です。

素材と形状

看板の素材と形状もブランドイメージに影響します。木製か金属か、丸か四角かなどで雰囲気は大きく異なります。ブランドのスタイルに合った形状を検討しましょう。

 

 

◇顧客を引きつける看板デザインのポイント

看板を設置しても見てもらえなければ意味がありません。顧客を引き付けるためのポイントや考慮すべきことについて、いくつか挙げます。

 

視覚的な引き立て

カラフルなデザイン

鮮やかな色使いやコントラストを活用した看板は、通行人の目を引きます。ただし、ブランドのコンセプトによっては派手なデザインが相応しくない場合もあるので、注意が必要です。

大きな文字と簡潔さ

メッセージが遠くからでも読みやすいように、大きなフォントを使用しましょう。細かく説明を書くような看板はできるだけ避けましょう。

 

ユニークさと記憶に残るデザイン

独創性のある形状やデザイン

他の看板と差別化するために、ユニークな形状を選ぶことも一つの手です。「看板は長方形」など固定観念にとらわれず、面白いアイデアやユニークなコンセプトを取り入れて、記憶に残るデザインを作成するのも良いでしょう。

 

情報の適切な伝達

簡潔なメッセージとコール・トゥ・アクション (CTA)

看板には簡潔で明確なメッセージを記載しましょう。特定の商品やサービス、キャッチフレーズを強調します。また、顧客に行動を促すメッセージを入れる「コール・トゥ・アクション」も代表的な手法です。例えば、「今すぐお試しください」や「お問い合わせはこちら」などがあります。

 

適切な配置と目立つ場所

根本的な話ですが、顧客に認知してもらうためには設置場所の検討をおろそかにしてはいけません。交差点や繁華街など、多くの人が通る場所に設置することで、人の目に留まりやすいです。

 

 

◇ロゴと色使いの効果的な組み合わせ

企業のロゴにはさまざまな工夫が凝らされています。看板にプリントされることも多く、ブランドイメージも左右するので、デザインは慎重に決定しましょう。どのようなデザインが良いのか、いくつかポイントをご紹介します。

カラーパレットの選定

ロゴに使用するカラーパレットは、ブランドの特性やメッセージに合ったものを選びましょう。色から連想されるイメージには、例えば、

・赤 : 情熱、エネルギー、行動、愛情

・青 : 安定感、信頼性、知識、清潔

・緑 : 若さ、自然、健康、成長

・黄 : 明るさ、楽観、創造性、活発

・紫 : 高級感、神秘、大人っぽい、エキゾチック

などが挙げられます。使用するカラーをコロコロと変えてしまうと一貫性が失われてしまうので、慎重に決定しましょう。

 

コントラストと調和

ロゴに使う色の組み合わせは、ある程度コントラストが必要です。例えば、明るい色と暗い色、対照的な色を組み合わせることで視覚的な引き立てを図ります。同時に、色の調和も大切です。色相環を参考に、色調やトーンを揃えるなどして調和の取れた色を選びましょう。

 

汎用性の高いデザイン

ロゴは看板以外にも、チラシやショップカードなど様々なアイテムに使用する可能性があります。使用頻度の高い白地や黒地に対して見やすく適切に表示されるようにデザインしましょう。ちなみに白地は清潔感やシンプルさを、黒地は高級感や重厚さを表現できます。

 

セパレーションの活用

使いたい配色の明度差が低く、並べると境界が曖昧になる場合はセパレーションを活用しましょう。セパレーションとは、色の境界に白、グレー、黒などの無彩色や、金属色を挟み込むことで曖昧な色同士を明瞭に見せる方法です。ゴールドカラーで縁取るなどすると高級感も出ます。

 

 

◇デザインのトレンドとその適用

看板デザインは時代とともに変化しています。新規開業者が成功するためには、最新のトレンドを把握し、取り入れることも重要です。最近の看板デザインのトレンドのいくつかを挙げます。

 

看板デザインのトレンド

シンプルなデザイン

洗練されたシンプルでミニマルな看板は、高級感やおしゃれな印象を与え人気です。文字やイラストを最小限に抑えつつ、視覚的にわかりやすくすることがポイントです。ビジネスのコンセプトを明確に打ち出すことができます。

デジタルの活用

ディスプレイやスクリーンに動画や音声を利用して表示するデジタルサイネージ(電子看板)の活用が広まっています。表示内容を柔軟に切り替えたり、聴覚にも訴えかけたりする幅広い手段で宣伝ができます。

ヴィンテージ

レトロなデザインやフォントが人気です。ヴィンテージ感を出すことで、ユニークな印象を与えられます。ネオンライトも独自の世界観を演出するのに有効です。

 

トレンドの適用方法

トレンドを取り入れる際には、以下のポイントに注意してください。

ブランドアイデンティティ

最新のトレンドを取り入れれば良いというわけではありません。看板はビジネスの顔ですので、自社のブランドアイデンティティを保持できるデザインを選択し、一貫性を大切にしましょう。

目的に合わせたデザイン

看板の目的(広告、案内、ブランド認知など)に合わせてデザインを選びましょう。例えば、飲食店の看板とマッサージ店の看板では最適なデザインが異なります。道案内としての役割を持つ場合は情報量も大切になります。

視認性

トレンドを追求する一方で、文字やイラストの視認性を損なわないようにしましょう。遠くからでも読みやすいデザインを心掛けましょう。

 

 

◇まとめ

新規開業者が看板を作成する上で考慮するべきポイントは多くあります。ブランドイメージを反映しつつ、宣伝機能も失わないよう、専門家と相談しながら作成を進めましょう。考え抜かれた看板デザインはあなたのビジネスの頼もしい味方になるはずです。

 


かんばん製作のワンズは、

岐阜県を可児市・美濃加茂市を中心に活動しており、

様々な企業様、店舗様の看板を製作・施工をしております!

看板以外にも開業時のツールのご提案をさせていただくことも可能です!

小規模事業者持続化補助金などの補助金申請サポートもしておりますので、

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お見積り依頼はこちら

かんばん製作のワンズ

のぼりインターネット

運営会社 ㈱ワンズ・プランニング

前のページへ戻る

デザイン制作から 「看板製作」「リニューアル」のご注文承ります!看板をトータルプロデュース!!

step01
電話をかける
step02
早く見積もりが欲しい方:とりつけたい場所の写メールを送る しっかりとした見積もりが欲しい方:電話で内容を伝える
step03
早く見積もりが欲しい方:簡単!スピード見積もり しっかりとした見積もりが欲しい方:現場調査 無料見積もり
step04
ご注文
step05
ご指定日にスタッフがお伺いします
メールでのお問い合わせはコチラ
  • 施工実績
  • 料金表
  • 新着情報