成功する飲食店経営のための看板戦略

2024.06.27|ブログ

飲食店にとって看板は必要不可欠な設備です。看板の無い飲食店はほとんど存在しないと言って良いでしょう。適切なデザインや設置場所を設定できれば、他の店舗と差をつける〝店の顔〟として効果を発揮します。この記事では飲食店経営者を対象に、看板設置のポイントをご紹介します。

 

◇顧客を引きつける飲食店の看板デザイン

飲食店の看板と外観のデザインは集客に直結します。ターゲットとする客層の心をつかむ看板を設置し、あなたの店に興味を持ってもらいましょう。以下に基本的なポイントを整理してみました。

 

アイキャッチを意識したデザイン

アイキャッチとは、イラストや文字、ロゴ、写真などを複合的に用いて、見る人の注意を引き付けることです。たまたま通りがかったり近くに立ち寄ったりした人がターゲットになることが多いです。壁面看板や突き出し看板に、店名やロゴを視認性高くデザインして、注目を集めましょう。ただ派手にすれば良いという訳ではなく、店の雰囲気に合わせる事も重要です。

 

おすすめの料理の紹介

店頭にスタンド看板を設けるなどして、写真と共に「本日のおすすめメニュー」や「シェフ一押し」といったおすすめの料理を紹介しましょう。ダイレクトにあなたの店の料理の魅力を通行人に伝え、「食べてみたい」と思わせることができます。また、客の立場からすると、入店前にメニューが分かるのは安心に繋がります。

 

店舗情報を掲示する

立て看板やカッティングシートを用いて、店舗の営業時間や定休日、商品価格などを周知しましょう。その日は入店しなくても、営業日を覚えてもらうことができれば、次の機会に繋がります。最近ではホームページのURLやSNSのアカウント情報を掲示する店舗も増えています。

 

設置の際の注意点

景観維持のため、屋外の広告物の設置に規制がかけられている場合があります。都道府県や市町村にルールを確認しておきましょう。また、物件によっては家賃とは別に「看板使用料」が課されることもあります。トラブルを避けるため、契約時にしっかりと話し合っておいてください。

 

 

◇店舗の個性を表現するための看板アイデア

飲食店を開業したら、看板のデザインは最初に検討するものの一つです。飲食業は競争の激しい分野なので、ありきたりな内容では簡単に埋もれてしまいます。ここではあなたの店舗の個性を顧客に伝えるためのアイデアをご紹介します。

 

店舗の歴史を伝えるデザイン

看板に店舗の創業年や歴史を伝えるデザインを取り入れることで、伝統や信頼性をアピールできます。特に日本食などの老舗では、長年愛されてきたことの証明になり、ブランド力が高まります。老舗ではなくとも、店主の修行歴を伝える事も効果的です。

 

店主(オーナー)の写真やイラストをデザイン

ラーメン店などでオーナーの顔写真やイラストが看板にプリントされているのを見たことがあるのではないでしょうか。腕の良い店主やシェフ、著名人のオーナーは、本人自体にブランド価値があります。親しみやすさや人間味を表現し、「この人の料理なら安心だ」「食べてみたい」と思わせることもできます。

 

看板メニューの写真やイラストをデザイン

看板メニューの写真やイラストを使って、料理の魅力を強調しましょう。SNSで話題となるような、その店を代表する「目玉料理」がある場合は、アピールすることで興味を引くことができるはずです。見た目にインパクトのある料理は、SNSでの発信も同時に行うと看板との相乗効果を発揮します。

 

料理の特徴を反映したデザイン

料理の特徴(激辛、伝統的、おしゃれさなど)の要素を看板デザインに取り入れることで、顧客の興味を引きます。その店の売り、一押しポイントをはっきりと示し、ターゲット層にしっかり伝わるよう心がけましょう。

 

 

◇照明を使って夜間も目立つ看板を作る方法

飲食店では夜間営業をしている店舗が多いです。夕食の時間帯の需要が一番高いという場合も多いでしょう。照明を正しく使用することは、夜間の集客において大切です。暗い時間帯でも目を引く看板にする重要性とポイントをまとめました。

 

外装や看板に設置する照明の重要性

集客効果を高める

当然ですが、看板は見てもらえなければ意味がありません。明るくすることで通行人に気付いてもらえ、営業していることを伝えられます。また、人は明るい場所に引き寄せられる特性があるので、暗い時間はより効果を発揮します。美しく照らしだされた看板は、昼間に見る以上に集客効果を持つ可能性も高いです。

防犯に役立つ

照明は防犯にも役立ちます。泥棒などの侵入者は人の目を気にするので、店が明るく照らされていれば、心理的なハードルは上がります。また、街灯に照明が少ない道や住宅街では明かりが灯っていることで地域住民の安心感も高まり、好印象を与えます。

 

照明の設置のポイント

適切な明るさと色味

照明の明るさの目安は、店舗の場所によって異なります。周囲が光り輝く繁華街では、照明の数が少ないと見落とされてしまいますし、静かで暗い雰囲気の場所でギラギラと照らしてしまうと景観を損ねるでしょう。照明の色も同様です。住宅地などでは優しい色合いの電球色が適している場合が多いです。目立たせつつも、周囲との調和を図ってみて下さい。

設置する位置

照明の数を増やしても、光を適切な場所に当てることができないと、十分な明るさが得られないことがあします。どこをどんな色で照らしたいのか、事前にしっかりと計画を立てて設置しましょう。

 

 

◇季節ごとに変える看板デザインのコツ

看板は一度作成して終わりではありません。季節ごとにデザインを変えたり飾り付けたりすることで、オープンから時間が経っても継続して注目を集めることができます。季節ごとのデザイン変更のアイデアを挙げてみました。

 

季節感を取り入れたデザイン

立て看板の場合は季節ごとの雰囲気を取り入れて、看板のデザインをアップデートしてみましょう。例えば、春は桜、夏は海、秋は紅葉、冬は雪景色など、季節を象徴する要素を取り入れることで、通行者の目を引くことができます。イラストや写真、季節に合った色使いを活用して、看板を魅力的に仕上げましょう。

 

季節限定メニューのPR

季節ごとに変わるおすすめのメニューを看板でアピールしましょう。例えば、暑い夏は冷たいかき氷や冷やし中華、寒い冬は温かい鍋料理など、季節ごとの需要に応えた料理は惹かれてしまう人が多いです。料理の写真やイラストを看板に掲示して、通行人に「今が旬!」と伝えましょう。

 

イベントやキャンペーンの告知

シーズンのイベントやキャンペーンを看板で告知しましょう。クリスマスやバレンタインデーなど、特別な日に合わせた割引情報やお得なセットを看板で伝えることができれば、集客効果は高まります。

 

看板の設置場所を工夫する

季節ごとに人通りの多く効果の高い場所にのぼりなどの看板を設置しましょう。許可を得る必要はありますが、夏は海岸沿い、冬は暖かいショッピングエリアなど、季節に合ったロケーションで周知してみましょう。多くの人の目に触れることによって、効果的なPRができます。

 

 

◇まとめ

飲食店の看板と一言で言っても、明確なルールが存在する訳ではありません。自身の店の雰囲気やブランドイメージ、自慢の料理に合わせて看板を設置することで効果を高める必要があります。視覚情報から見た人たちの食欲を刺激することができれば、大きな売り上げアップに繋がるでしょう。広告業者とも相談しながら、最適な看板PRの方法を模索してみて下さい。

 


かんばん製作のワンズは、

岐阜を中心に活動しており、

様々な企業様、店舗様の看板を製作・施工をしております!

看板以外にも開業時のツールのご提案をさせていただくことも可能です!

小規模事業者持続化補助金などの補助金申請サポートもしておりますので、

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お見積り依頼はこちら

かんばん製作のワンズ

のぼりインターネット

運営会社 ㈱ワンズ・プランニング

前のページへ戻る

デザイン制作から 「看板製作」「リニューアル」のご注文承ります!看板をトータルプロデュース!!

step01
電話をかける
step02
早く見積もりが欲しい方:とりつけたい場所の写メールを送る しっかりとした見積もりが欲しい方:電話で内容を伝える
step03
早く見積もりが欲しい方:簡単!スピード見積もり しっかりとした見積もりが欲しい方:現場調査 無料見積もり
step04
ご注文
step05
ご指定日にスタッフがお伺いします
メールでのお問い合わせはコチラ
  • 施工実績
  • 料金表
  • 新着情報